Q&AQ&A

胃カメラ検査について

A、胃内視鏡検査は基本的には保険が適用されます(医師が胃内視鏡検査の必要性はないと判断した上で患者様が希望をして胃内視鏡検査を実施する場合は自費になります。)
保険適用をされた胃内視鏡検査の金額は料金表をご確認ください。
また、お住まいの地域によっては胃内視鏡検査が特定健診項目に認定をされている場合があり、保険適用時よりも低額で胃内視鏡検査を実施できるように配慮されていることもありますので、是非お住まいの役所にご確認されてみてください。

A、大きく体調を崩されている場合は胃内視鏡検査の実施はお勧めできませんが、症状の軽い風邪や少しの発熱程度であれば問題はありません。
最終的に胃内視鏡検査を実施してもよいかどうかは、当院の医師・看護師が判断致しますので、胃内視鏡検査を受けられる前には、心身ともに不安なことをスタッフにお伝え下さい。

A、胃内視鏡検査の料金に関しては料金表をご参照ください。
基本的に胃内視鏡検査は保険が適用されますので、3割負担の金額で胃内視鏡検査を受けていただくことが可能です。

A、鎮静剤を活用した内視鏡検査(つらくない内視鏡検査)を実施した場合は、終日お車の運転ができなくなります。
また、脱水症状を起こす場合がありますので、こまめに水分補給を行うようにしてください。

A、内視鏡検査時の感覚にはもちろん個人差はありますが、鎮静剤を使用することで、眠っているのに近い状態で胃カメラ検査、大腸カメラ検査を行うことができます。
また、内視鏡検査時の苦痛は、検査を担当する内視鏡医の技量にもに大きく影響されます。当院の内視鏡医は内視鏡検査の実績が非常に豊富な上、極力痛みを感じさせないように胃カメラ検査、大腸カメラ検査を受けて頂くように様々な配慮をしております。

A、胃内視鏡検査は胃がんを早期発見することを目的とした検査です。そのため、胃がんの早期発見、予防を希望される方には是非胃内視鏡検査を受けていただきたいです。
また、お腹の調子が悪かったり、便の様子がいつもと違う場合は、胃に何かしらのトラブルが発生している場合があります。その際にも是非胃内視鏡検査を実施していただき、原因究明ができればと思います。

A、特に持ち物は必要ありません。

A、胃内視鏡検査を実施し、胃の中の状態を医師が確認した上で、次回の(推奨)検査日を医師が患者様にお伝えします。
特に異常がなければ、2年後に次回検査を受けていただくことが多いです。

A、当院は仙台市の泉中央駅徒歩1分の位置にあるため、電車やバスで来院される方が多いです。また、駐車場ビル内に当院は建てられているため、お車で来院をされても駐車場に困ることはありません。
一点ご注意していただきたいことがります。胃内視鏡検査を受けられる方で鎮静剤の使用を希望される方は、終日お車の運転ができなくなりますのでお気をつけください。鎮静剤の使用を希望される方は電車で来院をされるようにしてください。

A、予約なしでも当日診察は可能です。

A、どちらも服用可能です。

A、可能です。

A、8時までは朝食を摂っていただき、昼食は抜いていただければ検査の実施が可能です。

A、半年以内に受けた胃カメラ検査の結果などをお持ちであれば胃カメラ検査を受けていただく必要はありません。

A、予約なしでも当日診察は可能です。

A、消化管出血かもしれないので、緊急内視鏡を行う可能性があります。 食事はとらずに来院ください。水とお茶は飲んでもらって構いません。

A、朝食は朝8時までに軽く済ませて、昼食はとらないで来院して下さい。

A、問題ありません。

A、腫瘍マーカーは癌と診断がついていないと保険適応にはならないです。詳しくは、胃カメラ後のレクチャーの際に、医師にご相談下さい。

A、半年以内に受けた胃カメラの結果をお持ち頂ければ、再度胃カメラを受ける必要ありません。(診察の枠で予約を取る)

大腸カメラ検査について

A、大腸内視鏡検査は基本的には保険が適用されます(医師が大腸内視鏡検査の必要性はないと判断した上で患者様が希望をして大腸内視鏡検査を実施する場合は自費になります。)
保険適用をされた大腸内視鏡検査の金額は料金表をご確認ください。

A、大きく体調を崩されている場合は大腸内視鏡検査の実施はお勧めできませんが、症状の軽い風邪や少しの発熱程度であれば問題はありません。
最終的に大腸内視鏡検査を実施してもよいかどうかは、当院の医師・看護師が判断致しますので、大腸内視鏡検査を受けられる前には、心身ともに不安なことをスタッフにお伝え下さい。

A、大鎮静剤を活用した大腸内視鏡検査(つらくない大腸内視鏡検査)を実施した場合は、終日お車の運転ができなくなります。
また、脱水症状を起こす場合がありますので、こまめに水分補給を行うようにしてください。

A、大腸内視鏡検査時の感覚にはもちろん個人差はありますが、鎮静剤を使用することで、眠っているのに近い状態で大腸カメラ検査を行うことができます。
また、大腸内視鏡検査時の苦痛は、検査を担当する内視鏡医の技量にもに大きく影響されます。当院の内視鏡医は大腸内視鏡検査の実績が非常に豊富な上、極力痛みを感じさせないように大腸カメラ検査を受けて頂くように様々な配慮をしております。

A、大腸カメラ検査では、基本的に2Lの下剤を服用する必要がありますが、当院では希望をされる方に限定をして、下剤を飲まなくても良い大腸カメラ検査を実施しております。詳細は下剤を飲まない内視鏡検査をご参照ください。

A、大腸内視鏡検査は大腸がんを早期発見することを目的とした検査です。そのため、大腸がんの早期発見、予防を希望される方には是非大腸内視鏡検査を受けていただきたいです。
また、お腹の調子が悪かったり、便の様子がいつもと違う場合は、大腸に何かしらのトラブルが発生している場合があります。その際にも是非大腸内視鏡検査を実施していただき、原因究明ができればと思います。

A、大腸カメラ検査を実施する場合はお着替えをしていただく必要がございますので、着替えやすい服装で来院されることを推奨致します。

A、大腸内視鏡検査を実施し、大腸の中の状態を医師が確認した上で、次回の(推奨)検査日を医師が患者様にお伝えします。
特に異常がなければ、3年後に次回検査を受けていただくことが多いです。

A、便秘や下痢は大腸の調子が悪い証拠です。便秘や下痢が治らず長期間続く場合は大腸カメラ検査を受けていただき、大腸の様子を確認する必要があります。

A、当院は仙台市の泉中央駅徒歩1分の位置にあるため、電車やバスで来院される方が多いです。また、駐車場ビル内に当院は建てられているため、お車で来院をされても駐車場に困ることはありません。
一点ご注意していただきたいことがります。大腸内視鏡検査を受けられる方で鎮静剤の使用を希望される方は、終日お車の運転ができなくなりますのでお気をつけください。鎮静剤の使用を希望される方は電車で来院をされるようにしてください。

A、可能です。その場合はお水かお茶を2L飲んでいただく必要があります。

A、当院では前診を必須とさせていただいております。

A、ご自分の判断で調整いただいて構いません。当日の便が柔らかい方が楽になります。

A、当院では対応しておりません。

A、ナプキンをご用意いただければ基本的には問題ありません(タンポンは必要ありません)。どうしても心配な方は大腸カメラ予約日時の変更希望のご連絡を当院までしてください。

A、下剤を半量に減らして飲んでください。

A、大腸カメラを受けることは可能です。心配な時は女性医師が対応するか、予約を変更してもらいます。

A、当院では、患者さんの負担を軽減させるため「ポリープがあったときは、後日もう一度大腸カメラ」よりも、TCSの際にポリープがあれば可能な限り同日の切除を行っています。検査時にポリープ切除の可能性があるため 事前に血液検査を必須にしています。 また大腸内視鏡検査をスムーズに行うため、前日の「検査食」も 摂取して頂いています。

その他カメラについて

A、針を刺す時抜くときに、皮膚の消毒に使います。 酒精綿と同じです。

A、可能です。

予約に関して

A、当院は仙台市の泉中央駅徒歩1分の位置にあるため、電車やバスで来院される方が多いです。また、駐車場ビル内に当院は建てられているため、お車で来院をされても駐車場に困ることはありません。
一点ご注意していただきたいことがります。胃内視鏡検査を受けられる方で鎮静剤の使用を希望される方は、終日お車の運転ができなくなりますのでお気をつけください。鎮静剤の使用を希望される方は電車で来院をされるようにしてください。

検診・健診について

A、未成年の方を対象に親御様の署名をいただいております。

A、可能です。一度お問い合わせください。

A、二次検診は予約可能ですが、健康診断は行っておりません。

A、当院では特定検診の対応をしておりません。

A、現在は行っていませんが、今後3次除菌には対応をしていく予定です。まずは一度ご相談ください。

一般外来について

A、消化管出血が発生している可能性がありますので、食事を抜いてご来院ください。診察の結果に応じて緊急内視鏡検査を実施する可能性があります。お水やお茶などの水分の摂取はしていただいて構いません。

A、予約なしでご来院いただいても問題ありませんが、事前に予約ページをご覧いただければ待ち時間が少なくなる可能性があります。

A、当院では過食を抑えるお薬を処方しておりません。

A、大変もうしわけありませんが、18時30分以降のご来院と成る場合は後日のご来院となるようご調整いただく必要があります。

A、当院では中学生以上の患者様を診療対象とさせていただいております。誠に恐れ入りますが近隣の小児科にお問い合わせください。

大腸カメラの下剤について

A、変更可能です。ただ、2リットルの水かお茶を飲んでもらいます。

A、センノサイドは変わらず服用してください。

A、前日の「下剤(センノサイド)」は腸管の動きを促進する作用があります。 センノサイドで前日までにたまっている便を一度出してもらいます。 便がダムになっていると、前処置薬を飲んだ時に危険なことがあります。 腸管に傷が出来てしまったり、場合によっては腸が破裂します。 そして当日の「前処置薬(モビプレップなど)」で、腸の洗浄を行います。 前日の下剤内服で、検査当日の腸の洗浄を 「安全にスムーズに」行えるようになるわけです。 ですので「下剤(センノサイド)」と「前処置薬(モビプレップなど)」は 必ずセットになります。

ワクチンについて

A、通常はMRワクチン接種後、2ヶ月は避妊を推奨しているようですので、妊娠希望の場合は、不妊治療の時期などによっても接種するタイミングが変わってきます。生ワクチンのため、妊娠中は、不活化ワクチンのインフルエンザと違い、接種推奨されていません。

A、取り寄せは可能だが、取り寄せの期間は業者さんに聞かないといけません。

その他質問

A、当院では対応しておりません。

A、お子様をお連れして来院いただいても問題ありません。ベビーカーの使用を推奨致します。

A、会社様毎に規定が異なりますので、一概にお答えすることはできません。会社様にご確認ください。

A、無料で再発行の対応をさせていただいております。

A、二次検診は受付可能ですが、健康診断は行っておりません。

A、当院で対応可能なのは中学生以上です。近隣の小児科さんへ受診をお願いします。

A、料金は頂かないで、再発行可能です。

A、当院では対応していません。

A、ベビーカーでご来院をお勧めします。

診療時間consultation hour

  診察室 土・日
午前
9:00

13:30
診察室① 院長 院長 院長 院長 院長
診察室② 川端 川端 川端 川端 川端
午後
16:00

19:00
受付は
18:30まで
診察室① 院長 院長 院長 院長 院長
診察室②
休日
9:30

16:30
内視鏡
検査室
院長
非常勤医師

※川端は女性医師です

※外来患者様の受付時間は9:30-13:30 16:00-18:30
※木曜日は終日レディースデイ(女性のみ内視鏡検査可能)です
※祝日は休診日となります

毎週木曜日はレディースデー

アクセスaccess

仙台市泉区泉中央1-15赤間パーキングビル1階
(泉中央駅目の前、TSUTAYA跡地です)

PAGE
TOP