一般外来 Colonoscopy

内科

内科とは

内科とは心臓などの内臓臓器の病気を診断し、外科的手術でなく薬物療法で治療にあたる診療科目です。臓器や器官ごとに消化器内科、循環器内科、神経内科、呼吸器内科、血液内科、代謝・内分泌内科、腎臓内科、膠原病リウマチ内科などの専門分野に分かれています。

内科でよく見られる症状

内科でよく見られる症状として、風邪、扁桃炎、発熱、頭痛、咳、痰がからむ、胸痛、むくみ、動悸、息苦しさ、疲労感、食欲不振、体重減少、立くらみ、吐き気、肩こり、貧血などの実に様々な症状が起こります。

また、内科で起こる痛みの特徴として、常に痛みを感じることが挙げられます。整形外科などで見られる体の痛みは、痛みがある部分を動かした際に痛みを感じます。一方内科で起こる痛みは、何もしていない安静な状態でも痛みを感じます。その理由として、内科で起こる痛みは内臓に炎症が起こることで痛みが引き起こされるため、安静にしていても痛みが軽減しません。また、整形外科などの痛みと違い痛み止めの薬による効きも弱く、痛みのコントロールが難しいのが特徴です。

よく見られる疾患

狭心症、心筋梗塞、心不全、不整脈、高血圧、閉塞性動脈硬化症、心臓発作、心筋症、大動脈瘤などの心臓や血管に起こる循環器疾患

腹痛、急性・慢性胃炎、胃痛、胃・十二指腸潰瘍、下痢・便秘、逆流性食道炎、胃もたれ、過敏性腸症候群、胆石症、急性・慢性肝炎、脂肪肝、肝硬変、みぞおち付近の痛み、急性腎盂腎炎などの消化や吸収に係わる消化器疾患

咳、痰、気管支喘息、気管支炎、肺炎、肺気腫、慢性閉塞性肺疾患肺結核、いびき、睡眠時無呼吸などの呼吸や睡眠に係わる呼吸器疾患が挙げられます。

その他には白血病や貧血、突発性血小板減少性紫斑病などの血液に係わる病気や、糖尿病や脂質異常症などの生活習慣が係わる内分泌疾患、てんかんや認知症、パーキンソン病などの脳や脊髄に起こる病気も起こります。

よくある治療法

内科疾患は様々な自覚症状があり、重大な病気の前兆になることがあります。そのため全身を正確に診断して、その人の診断結果にあった治療法を行っていくことが大切になります。また病気にならないために定期的に検診を受けることも大切になります。

内科で起こる癌治療では、内視鏡を用いた検査やX線CT検査などで検査を行い、その検査結果に基づき治療方針が決まります。主に行われる治療法は外科的手術、放射線治療や薬物療法の3つがあり、各種検査結果や患者の容態によってこれら組み合わせて治療を行っていきます。

循環器の急性期・慢性期疾患では外科的手術やステント・カテーテルなどの高度な医療機器を用いて治療を行うこともあります。また動脈硬化に起因することも多く、生活習慣の改善をすることも大切になります。

呼吸器内科では薬物療法が主に行われ、また、タバコやハウスダストなどの上気道の炎症を引きおこす原因物質の暴露を抑えることが大切になります。睡眠時の疾患である睡眠時無呼吸症候群では減量や飲酒を控えるなど生活習慣の改善により、症状が軽減することもあります。

お問い合わせ

仙台消化器内視鏡内科クリニックでは内科をもうけ、内科疾患を患っている患者さんの健康に貢献していきます。内科疾患は他の診療科疾患と比べ発症後も放置されることが多いですが、命に係わる重大な疾患を引き起こす可能性があります。少しでも内科の症状が見られる方は、ご遠慮なくお問い合わせ・ご来院ください。

診療時間consultation hour

  診察室 土・日
午前
9:00

14:00
診察室① 院長
山岡肇
院長
山岡肇
院長
山岡肇
院長
山岡肇
院長
山岡肇
診察室② 川端
和歌子
川端
和歌子
川端
和歌子
川端
和歌子
川端
和歌子
午後
16:00

19:00
受付は
18:30まで
診察室① 院長
山岡肇
院長
山岡肇
院長
山岡肇
院長
山岡肇
院長
山岡肇
診察室② 川端
和歌子
川端
和歌子
川端
和歌子
川端
和歌子
川端
和歌子
休日
9:30

16:30
内視鏡
検査室
院長
山岡肇

※外来患者様の受付時間は9:30-14:00 16:00-18:30
※木曜日は終日レディースデイ(女性のみ内視鏡検査可能)です
※祝日は休診日となります

毎週木曜日はレディースデー

アクセスaccess

仙台市泉区泉中央1-15赤間パーキングビル1階
(泉中央駅目の前、TSUTAYA跡地です)

PAGE
TOP