一般外来 Colonoscopy

食道癌

仙台消化器内視鏡内科クリニックの食道癌治療

仙台消化器内視鏡内科クリニックの山岡院長は食道癌治療にも携わっており、セカンドオピニオンも積極的に実施させていただいております。
食道癌の疑いのある方にはまずは早期発見、早期治療を目指して内視鏡検査をお勧めしております。既に食道癌の方には、まずは診察をさせていただいた上で適切な治療方法を判断させていただきます。当院の設備で対応が難しければ近隣病院へのご紹介もさせていただきます。
まずはご遠慮無くご来院ください。

そもそも食道癌とは

食道に出来る癌のことです。
日本では「扁平上皮癌」と呼ばれるタイプの癌が多いです。
初期の食道癌は、基本的に無症状です。
進行がんになると「食事が詰まる感じ」「胸の痛み」などが出現します。

初期の食道がんであれば、内視鏡で切除を行い根治が可能な時代になっています。
(内視鏡的食道粘膜下層剥離術;ESD)
しかしながら進行がんになると、やっかいな癌であり
手術や放射線治療、抗がん剤治療などの集学的治療が必要になります。
進行がんになると治療による体への負担や再発のリスクは、胃がんや大腸癌にくらべて
大きくなります。

食道がんのリスク因子

喫煙と飲酒習慣がある方は食道がんに注意が必要です。
特に「お酒を飲んで顔が赤くなるひと」「若いころは赤くなったひと」は非常に注意が
必要です。当院で内視鏡をうける際には必ず申告して下さい。

食道がんのリスク因子はアルコールの代謝産物であるアセトアルデヒドです。
アセトアルデヒドは二日酔いの原因物質といえば分かりやすいかもしれません。
このアセトアルデヒドが食道がんの強力なリスク因子であることが分かっています。

お酒に強いのか、弱いのかは生まれ持った遺伝子で決められています。
ADH1B遺伝子(アルコール脱水素酵素1B)と
ALDH2遺伝子(アルデヒド脱水素酵素2)の2遺伝子に依存してるのです。

ADH1B遺伝子の活性は、
アルコールをアセトアルデヒドへ分解するスピードを規定します。
高活性の方は、低活性の方に比べて40倍のスピードでアルコールを
分解すると言われています。
低活性の方はアルコール依存症のリスクが高いとの研究結果が報告されています。
ここでは詳しい説明は割愛します。

ALDH2遺伝子はアセトアルデヒドの体内濃度に関連します。
ALDH2遺伝子はひとりの体に2つセットで存在します。

遺伝子が「活性型2つ」のひとは本当に「お酒につよい」うわばみです(約50%)。

遺伝子が「非活性2つ」のひとは本当に「お酒によわい」下戸です(約10%)。
日本酒を1合飲んだ際のアセトアルデヒド濃度は「活性型2つ」のひとに比べて
約19倍です。

遺伝子が「活性型1つ」「非活性1つ」の人は「顔が赤くなるひと」です(約40%)。
日本酒を1合飲んだ際のアセトアルデヒド濃度は「活性型2つ」のひとに比べて
約6倍です。
このタイプの人はお酒を飲むと「顔が赤くなる」のです。
「顔が赤くなる」現象のことをフラッシングと言います。
そのようなひとをフラッシャーと呼びます。

この「顔が赤くなるひと」こそが要注意なのです。
「顔が赤くなるひと」はアルコールは飲めますが、飲酒後にアセトアルデヒドの
体内濃度が高くなりやすいからです。
そのようなひとにとって飲酒は、食道がんのリスクが高い習慣と言えます。

アセトアルデヒドの体内濃度が高くなる下戸の人は、当然ですがアルコールを習慣的に飲まない(飲めない)ので、アルコールでの食道癌のリスクは発生しませんね。

また前述のADH1B遺伝子が低活性のひとは、アルコールからアセトアルデヒドへの代謝が遅いため、ALDH2遺伝子が「活性1つ」「非活性1つ」の通常なら「顔が赤くなるひと」でも、「顔が赤くならない」ことが知られています。この人たちは食道癌の超高リスク群であり、いずれも活性型のひとに比べて30-40倍ほど食道癌になりやすいことが分かっています。

「顔は赤くならない」が、「翌日も酒臭い」という人は、前述した非常に
危険な遺伝子の組み合わせの方かもしれません。

当院での内視鏡検査(胃カメラ)の際には、喫煙および飲酒習慣と「顔が赤くなる」
「フラッシャー」かどうかは申告しましょう。

また、これらの遺伝子活性を調べることの出来るキットも市販されています。

診療時間consultation hour

  診察室 土・日
午前
9:00

14:00
診察室① 院長
山岡肇
院長
山岡肇
院長
山岡肇
院長
山岡肇
院長
山岡肇
診察室② 川端
和歌子
川端
和歌子
川端
和歌子
川端
和歌子
川端
和歌子
午後
16:00

19:00
受付は
18:30まで
診察室① 院長
山岡肇
院長
山岡肇
院長
山岡肇
院長
山岡肇
院長
山岡肇
診察室② 川端
和歌子
川端
和歌子
川端
和歌子
川端
和歌子
川端
和歌子
休日
9:30

16:30
内視鏡
検査室
院長
山岡肇

※外来患者様の受付時間は9:30-14:00 16:00-18:30
※木曜日は終日レディースデイ(女性のみ内視鏡検査可能)です
※祝日は休診日となります

毎週木曜日はレディースデー

アクセスaccess

仙台市泉区泉中央1-15赤間パーキングビル1階
(泉中央駅目の前、TSUTAYA跡地です)

PAGE
TOP