一般外来 Colonoscopy

消化器内科/胃腸内科

消化器内科・胃腸内科とは

主に食道、胃、小腸、大腸、肝臓、すい臓、胆のうなどの消化器の臓器に起こる病気を見る診療科です。その中でも食道、胃、小腸、大腸に起こる病気を専門的に診療・治療するのが胃腸器内科です。

消化管は口から肛門まで連続する一本の管腔臓器で、食べ物の消化・運搬に関わり、最終的には糞便として体外に排出する働きをもちます。消化管で起こる症状として、腫瘍や潰瘍、炎症などの器質性疾患や、便秘や逆流性食道炎などの消化管運動不全に伴う機能的疾患など、多岐にわたります。胃腸内科であっても、内視鏡検査やエコー検査などで胃癌、大腸癌、十二指腸潰瘍癌や肝臓癌などの診断ができようになり、医療機関によっては消化器科にまとめられていることもあります。

該当する症状

主にみられる症状は胃もたれ、胃痛、胃炎、便秘・下痢、腹部膨満感、食欲低下、体重減少、胸やけ、のどのつかえ、のどの違和感、げっぷ、嘔吐、腹痛など、実に様々な症状が起こります。

代表的な疾患

生命の維持に必要不可欠な食べ物の消化・吸収を行う消化管では様々な病気が発症します。その中でも胃癌や大腸癌などの消化器癌の発症頻度が高く、また死亡につながることもあります。

食道癌、胃癌、大腸癌などの悪性腫瘍
逆流性食道炎、急性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、急性腸炎、出血性大腸炎、虚血性腸炎、潰瘍性腸炎やクローン病などの炎症性疾患
腸閉塞、便秘症、過敏性腸症候群などの機能異常症が起こります。

また胃、小腸、大腸以外で起こる疾患として、肝硬変、脂肪肝、胆嚢炎、急性膵炎などが起こります。

よくある治療法

消化器癌の治療として、内視鏡治療、薬物治療、必要に応じて外科的手術の3つを、患者さんの容態に応じて、治療効果が最大限発揮できるように組み合わせて行います。内視鏡による治療では粘膜やポリープを切除し、悪性部分を取り除きます。

近年罹患率が増加している潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性疾患では、炎症を抑える薬を用いて、症状をコントロールするよう治療を行います。しかし症状が重く薬物療法による治療効果が低い場合は、外科的手術を必要とすることもあります。

過敏性腸症候群などの消化管の機能異常症では胃酸分泌抑制薬や消化管の機能改善薬を用いられます。また過敏性腸症候群などはストレスによって発症することもあります。そのためストレスを和らげるメンタルケアも行うことがあります。

お問い合わせ

仙台消化器内視鏡内科クリニックでは消化器内科・胃腸器科をもうけ、消化器に問題を抱えている方の健康に貢献しています。消化器内科・胃腸内科の疾患は消化器癌と症状が似ており、自身で判断することはとても危険です。少しでも上記のような症状を感じられた方はご遠慮なくお問い合わせ・ご来院ください。

診療時間consultation hour

  診察室 土・日
午前
9:00

14:00
診察室① 院長
山岡肇
院長
山岡肇
院長
山岡肇
院長
山岡肇
院長
山岡肇
診察室② 川端
和歌子
川端
和歌子
川端
和歌子
川端
和歌子
川端
和歌子
午後
16:00

19:00
受付は
18:30まで
診察室① 院長
山岡肇
院長
山岡肇
院長
山岡肇
院長
山岡肇
院長
山岡肇
診察室② 川端
和歌子
川端
和歌子
川端
和歌子
川端
和歌子
川端
和歌子
休日
9:30

16:30
内視鏡
検査室
院長
山岡肇

※外来患者様の受付時間は9:30-14:00 16:00-18:30
※木曜日は終日レディースデイ(女性のみ内視鏡検査可能)です
※祝日は休診日となります

毎週木曜日はレディースデー

アクセスaccess

仙台市泉区泉中央1-15赤間パーキングビル1階
(泉中央駅目の前、TSUTAYA跡地です)

PAGE
TOP