一般外来 Colonoscopy

下痢外来

下痢症状

このような症状がある方は要注意!!

  • 便が泥状である
  • トイレに行く頻度が多い
  • トイレから離れられないほど頻繁に下痢が起こる
  • 便に粘結状なものがある
  • 排便回数が多く手や足のしびれ感がある
下痢とは

正常な便は6~7割が水分でできています。便を構成している水分量が増えることで便が柔らかくなり下痢を起こします。下痢の発症には様々な要因があり医薬品によって引き起こされることもあります。

下痢を起こす原因
  • ウイルスや細菌、寄生虫感染症
  • 薬の副作用
  • 腸管での水分吸収量の減少
  • 炎症性疾患

ノロウイルスやロタウイルスなどウイルス感染、カンピロバクター、腸管出血性大腸菌、サルモネラ菌などの細菌感染、アニサキス、ジアルジアやクリプトスポリジウムなどの寄生虫感染症が原因で下痢症状が引き起こされます。その中でも冬場に二枚貝の生食が原因で発生するノロウイルスによる下痢が有名です。

医薬品によって引き起こされる下痢は抗がん剤や抗菌薬、免疫抑制薬、プロトンポンプ阻害薬などの医薬品を服用することで引き起こされます。

下痢で多く見られる原因は便の腸管内の滞在時間が短く、十分な量の水分が吸収されないことで起こります。これは原因となる要素が多く、炎症性疾患や甲状腺機能低下症、下剤の投与、カフェインの過剰摂取やストレスなど多岐にわたります。

潰瘍性大腸炎、クローン病などの炎症性疾患では大腸粘膜が炎症を起こすことで、出血した血液や炎症した組織から漏れ出た慘出液が便に含まれ水溶性の下痢が引き起こされます。

下痢を起こす疾患

  • 脱水症状
  • 血圧低下

排便回数が増えることで大量の水分を失い、脱水症状を引き起こします。その際水分だけでなくナトリウム、カリウム、マグネシウムなどの電解質も同時に失ってしまいます。大量の電解質を失うことで筋力が低下を起こし、水分が減ることで循環血液量も減り、腎臓(腎前性急性腎不全)や心臓(不整脈)に障害を引き起こします。

下痢の検査

まずウイルス感染が原因かどうかを明確にするために血液検査や感染性微生物を特定する便検査を行います。また、近日中に抗菌薬をした患者にはクロストリジウム・ディフィシル毒素検査も行います。

下痢症状が1か月以上続く場合には脂肪便検査や炎症性疾患の有無を調べるために大腸内視鏡検査を行います。

下痢の治療法

  • 水分摂取、輸液投与
  • 下痢止め薬の投与

ウイルスや細菌などの微生物感染が原因で発症する下痢は基本的に下痢止めを使用しません。下痢を止める医薬品を服用すると、排便がされず原因微生物が体内に残ってしまい、治るどころか逆に悪化してしまうことがあるためです。そのため微生物感染による下痢は脱水症状に気を付けながら、少量ずつ水分摂取を行い「嵐が過ぎ去るのを待つ」ことになります。

がん治療を行っている方は医薬品の副作用により下痢や嘔吐を起こしやすくなります。基礎疾患治療中に医薬品の副作用で起こる下痢はロペラミドなどの下痢止め薬を用いて治療を行います。また可能であれば下痢を引き起こす原因となる医薬品の休薬を行い、下痢治療を行います。

お問い合わせ

仙台消化器・内視鏡内科クリニックでは下痢で悩む方の治療を行っています。下痢は軽視されやすい症状でありますが、循環器疾患系の合併症を引き起こすこともあります。また、当院では女性の医師が勤務しており、レディースデイを設け女性だけを診察する日がございます。下痢症状でお悩みの方はご遠慮なく来院・お問い合わせください。

診療時間consultation hour

  診察室 土・日
午前
9:00

13:30
診察室① 院長 院長 院長 院長 院長
診察室② 川端 川端 川端 川端 川端
午後
16:00

19:00
受付は
18:30まで
診察室① 院長 院長 院長 院長 院長
診察室②
休日
9:30

16:30
内視鏡
検査室
院長

※川端は女性医師です

※外来患者様の受付時間は9:30-13:30 16:00-18:30
※木曜日は終日レディースデイ(女性のみ内視鏡検査可能)です
※祝日は休診日となります

毎週木曜日はレディースデー

アクセスaccess

仙台市泉区泉中央1-15赤間パーキングビル1階
(泉中央駅目の前、TSUTAYA跡地です)

PAGE
TOP